« 【船アオリ】話題の新釣法にチャレンジ! | トップページ | シーズン突入!ライト深場五目 »

2010年11月15日 (月)

誘いが勝負!深場の大カマス

 獰猛な食性に似合わない繊細なアタリ、そして器用にエサを掠め盗ってゆくエサ盗り技術。
そして一干しした干物の濃厚な味わい・・・。ゲーム性と食味の良さで人気の相模湾のアブラカマスが今年もスタートしました。

Pb053714

ローカルターゲット
ゲーム性の高さと食味の良さから人気なカマスですが、ややマイナーなイメージ。それは釣期が短く、出船船宿も限られていることが原因でしょう。しかし最盛期には満船が当たり前!夏場のサビキで狙った小型と違い、大型に育ったカマスの水深は120~200mと深場に回遊。繊細なアタリと巧みな餌盗り技術で釣り人を熱くさせます。今期は10月のスタート直後に大磯の恒丸では頭42本。同日、片瀬の渚丸でも頭50本以上の記録が出ています。

大カマスのタックル
Pb053711 初期はタナも100mと浅めで入門にも最適ですが直ぐに150~200mへと落ちてゆきます。誘いが重要となるこの釣りではロッドは2m前後の先調子のものが操作性も良くオススメ。感度を求めるのならカーボン製のものを選びましょう。
リールはPE3~5号前後を300m程巻ける電動リール。一日中誘い続ける釣りなので小型軽量なモデルが使いやすいでしょう。
仕掛けは胴突3本針が基本。長軸の丸海津型と先の眠ったムツ型に分かれます。アワセが難しいといわれるカマスですが、針の形状によってアワセが変わるので注意しましょう。

Pb053699 ・丸海津型/即アワセ ・ムツ型/遅アワセ
針先の立った丸海津はアタったら即アワセが鉄則。もたもたしていると飲まれて鋭い歯にハリスが切断されます。逆に針先の眠ったムツ型では強いアタリが来てからアワセないとしっかり掛かりません。自身の釣りにあった針を選びましょう。
私は即アワセの丸海津型をオススメ。そのなかでも刺さりの良い細軸のタチウオ針を愛用しています。今回お邪魔する渚丸ではオリジナル仕掛も用意されており、船長のこだわりが凝縮された一品となっているので初めての人は是非使ってみましょう。

エサにこだわり!新鮮な切身が有利とは限らない
Pb053707 「カマスには外道で釣れたサバを切った新鮮な切身が良い」と一般的には言われています。しかし、必ずしもそうであると限らないと雨宮船長は言います。
餌さ盗り上手のカマスはいかに針掛かりさせるかがポイントですが「カマス釣りにで完璧にエサが切れる人は10人に1人」だそうです。薄さ・細さ・長さが切身餌を作るときのポイントですが「切る部位・切る向きも意識しなければならない」そうです。
また「切身餌さは作りたては良いが30前後で硬直し硬くなる」そうで作りたて以降の管理も重要。「エサはてろてろに柔かい方が喰いは良い」との実績があるので硬直も考慮する必要があります。そして「切身の鮮度を気にしてクーラーから小まめに出し入れする人が少ない」そうで完璧な餌を作成管理できる人は非常に少ないようです。
渚丸で用意されているエサは一見「サバ切身の塩漬け」。パッと見には切り立て切身の方が釣れそうにも見えます。しかしコレこそが「船長こだわりの餌」。当日用意されたエサも前日夜8時頃に新鮮なサバを用いて作成したもので、鮮度・厚さ・細さ・長さ・切り方・部位・塩加減・塩のタイミングといった様々な要素を理想的に調整して作成されています。
このエサは形は勿論の事、一日常温に晒されて船上で硬くなったとしても針付けして沈めると、直ぐに柔かくてろてろ状態になりつつも針耐ちもキープするといった「魔法の餌」と形容したくなるような仕上がりになっています。
船長の長年の研究成果であり、釣期は短くも本気で狙い続ける姿勢から生まれたこのエサは素人カットの生切身では遠く及びません。

釣果に差をつけるには?
「釣るならたくさん釣りたい!」釣り人誰もが思うことでしょう。ポイントへ到着すれば船長より反応の濃いタナをアナウンスされ、そのタナを探って行く形になります。初心者と玄人では明確な差が出る釣りです。

【下方向の誘い】
カマス釣りの重要な要素「誘い」。撒きエサを使用しないカマス釣りでは釣果を左右するといっても過言ではないでしょう。このとき意識して頂きたいのは下への誘い。カマスには上へ逃げるエサよりも下へ逃げるエサが魅力的に映るようで明確な差がでます。コツはゆっくりと聞き上げてストンと落とすこと。そうするとハリスが幹糸に引かれてエサがスッと動いて反射喰いを誘います。

【喰わせの間】
誘いが重要といっても誘っている最中にアタリが出ることはほとんどありません。誘いと同様に重要な要素が「間」です。
誘いによって加速したエサが動作を止めて作る「間」によって慣性でゆっくりと漂いカマスにアピール。それは瀕死の小魚が一瞬泳いでフラつく様子を模しています。活性によって「間」のとり方は変わり、活性が高い時ほど短く、活性が低い時ほど長く取ることがキホンとなります。

いざ出船。目指すは茅ヶ崎沖
Pb053704 非常に高い人気を誇る大カマス。その中でも今回お邪魔する渚丸はカマスの人気船宿。満席も覚悟して向いましたが、釣行前日の不調の影響か片舷5名と余裕をもって乗船することができました。
目指す釣り場は茅ヶ崎沖。航程20分ほどの距離になります。釣り場到着まで船長よりカマス釣りのポイントを説明頂き、先述したような仕掛・餌・釣法など多くのこだわりを解説して頂きました。相模湾のカマスを狙う船は一通り乗船しましたが、ここまでしっかりとカマス釣りを練り込んだ船長は見たことがありません。手持ちで積極的にアタリを引き出し「釣れた」ではなく「釣った!」と楽しめる釣りを追い求める姿勢は今後のカマス釣りを牽引してゆく存在となることでしょう。
Pb053716 最初のポイントは水深140m。サバ切り身をチョン掛けした胴突3本針仕掛けを投入します。投入後はできるだけロッドを下げて少しでも早く仕掛けが着底するように心掛けましょう。コマセを撒く釣りではないので早く着けばその分、ヒット率も上昇します。
着底して軽く誘って間を取ると「ガツ、ガッ」と早速の手応え!幸先良く一誘い目からアタリが到来しました。アワセを入れ、そこからゆっくりとシャクリを入れながら5mほど巻き上げ。この動作は船長より教えて頂いた「追い食いの誘い」。針掛かりしたカマスが暴れることにより、他の餌がイレギュラーに動いてカマスを誘うとか・・・。残念ながら追い食いはしませんでしたが、数を釣る上では重要なテクニックです。
テンションを一定に80m/分の速度で巻き上げてくると、水面に細長い銀色の魚体が姿を現しました♪ 朝一投目から本命ゲット!・・・となる予定だったのですが抜き上げるところで「ポロッ」と水面へお帰りになりました。一投目にコレをやると結構凹みますorz
Pb053712 気を取り直して再投入。すると今度は着底と同時にヒット! しかし魚信が鈍く、明らかに小さい・・・。別の魚が掛かったようです。とりあえずこの魚を底から離し、底上1mで暴れさせますが本命からのアタリは無し。見切りをつけて高速で巻き上げると姿を見せたのは20cmほどのユメカサゴ。中深場釣りの定番外道で様々な餌を素直に喰う魚です。幸い浮き袋を持たないので針から外してリリース。元気良く海底を目指して泳ぎ去ってゆきました。
そうしている内にも船中ではポツポツとカマスが取り込まれてゆきます。完全に取り残されてしまった感じです。しかし焦ってはいけません。焦れば誘いは速くなり、間も短くなって余計にアタリは遠のいてしまいます。じっくりと自分のペースを保つのも重要なのです。
どんどん流し変えて探ってゆく渚丸。反応は拡散と収束を繰り返しながら移動しているようで、船長のタナのアナウンスもどんどん変化してゆきます。「誘う時間より待つ時間のほうを長めに」とのアドバイスを思い出し、ゆっくり反応のある棚を探り下げてゆくと久々の本命と思われるアタリ。何気に開始1時間ほどたっていたので、やっと来たという感じです。

低活性時は繊細なアタリに
Pb053714 当日は朝一は先ず先ずのスタートも、日が高くなると活性は低下…。船の魚探には反応が出ているので下には確実にいるようですが…。落とし込みの誘いを入れ、なんとかポツポツとアタリを出すも数はなかなか伸びません。低活性時のアワセの難しさはタチウオに通ずるものがあります。「コン」と小さなアタリのときはそのままアワセてもまず掛かりません。これは餌の端を齧っている程度と考えられ、針まで齧っている状態となれば「ガッ」と手にも響くアタリとなりアワセれば針掛かりします。このアタリを出すために食い込みを促すべく小さいアタリを捉えたら船の動揺を腕で吸収し、カマスに違和感を与えないように努める必要があります。この方法でもう1本追加。反応はあっても喰い渋り、非常に厳しいです。
この後、ヤリイカ船団付近の反応を狙い打つも状況は好転せず。潮次第で食いも立つ事もあるのですが残念ながら当日は活性は上がらず納竿となりました。

これから年末まで期待
釣期の比較的短いカマス。このまま低調が続いてしまうのかと思われましたが、約1週間ほどで回復し日によって竿頭で20本に達するまでに戻りました。
昨年は11月中は低調で12月に入ってから年末まで好調だったということもあるもで、今後まだまだ期待できると思われます。
釣って楽しく、食べておいしい大カマス釣り。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

Pb053702片瀬 渚丸
℡/0466-33-1091

【大カマス船】

餌・氷付 9500円

|

« 【船アオリ】話題の新釣法にチャレンジ! | トップページ | シーズン突入!ライト深場五目 »

釣行記」カテゴリの記事