« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

【攻略】初夏の江戸前リレー船

 気温・水温共に上昇し、夕方以降も過ごしやすくなってきました。こうなると夜釣りへも出かけたくなってきます。
今回は開幕したアナゴとシロギスを狙うべく東京湾の小物釣りに挑みます。

P

1回で2種を楽しむリレー船
P4262027お邪魔したのは浦安の吉野屋。江戸前の釣りものを得意とし、10名の船長が季節の様々な釣りに完全対応。湾奥ながら湾口の釣り物までこなし、浦安駅より徒歩10分と電車釣行派にも最適です。
この船宿より今回乗船するのはキス・アナゴのリレー船。この船は午後1時より出船し中ノ瀬でシロギス、日が暮れてからは木更津でアナゴを狙います。
タックルや仕掛けは2種類必要ですが、どちらも道具が少い釣り物なので準備は容易。餌はどちらもアオイソメを使って狙います。

まずは中ノ瀬シロギス
P4262033 定刻通り江戸川より出港し、目指す中ノ瀬までは約1時間。晴れて気温も上がった東京湾を南下する吉野屋船上はちょっとしたクルージング気分。この間にキスの準備を進めましょう。
シロギスはアオイソメが定番餌。軸長の針にまっすぐになるよう餌付けします。食いの良いときは入れ食いも珍しくなく、手返しの速さが数を伸ばす決め手となります。ですので餌をあらかじめカットし、ストックしておくと良いでしょう。
さらに同行した品川中金丸の増尾船長より「イソメは切ってタオルに乗せ、血抜きした方が釣れる」とのアドバイス。毎週末に中ノ瀬へ出船する船長の言葉だけに説得力があります。

P4262034 P4262035

下準備が釣果を支えます。手間を惜しまず切っておきましょう。

P4262029虫餌が苦手な人の救世主
今回はさらに実釣試験の餌を用意しました。
マルキュー「特船イソメ」
この春発売された付け餌で、イソメ餌のような形をしており味と臭いで食わせるとか。前評判では中々の食いとのことですが、自分で試験しないことには販売店としても自信を持って薦められません。どれだけの結果を残せるか楽しみです。

青イソメVS特船イソメ
うたた寝したくなる陽気の中、ようやく中ノ瀬へ到着。早速キス釣り開始とともに青イソメ(以下、青)VS特船イソメ(以下、特)の試験スタートです。

注:あくまで私見による評価です。性能を保証するものではありません。

P42620361.餌付け
青:そのままではヌルヌル。カットし血抜きした物は問題なし
特:少々ふやけ気味。カットしタオルに置くと水分が減って使い易く

2.餌持ち
青:中間部はズリ落ち多し。口の部分なら遠投可能も食い落ちる。
特:そのままなら船下へ。水分の抜き具合で堅さ調整も可能。ただし手間は掛かります。

3.餌耐ち
青:同じ餌ではキス3匹が平均。未処理状態は付けると自切もある。
特:同じ餌ではキス3匹が平均。ただ針刺し部の縦裂けが目立つ。

P4262038 4.食い
青:誘い・置き竿どちらもOK。置き竿はやや有利か?
特:誘いは当然も、意外と置き竿もイソメと差が少ない。さらに赤・緑の2色によるカラー分けが可能。

5.コスト
青:50g500円前後が平均。船宿常備が普通。
特:約20本500円前後。1本で3針の餌。自前用意が必要となる。

6.保管
青:要冷蔵保存。活き餌なので1週間が限度。
特:要冷凍保存。冷凍餌なので半年前後はOK。

その他
特船イソメは適度に水分を抜き、添加物を吸収させることも可能。
例)特船イソメ+紫外線加工液・特船イソメ+アミノソルト
アイディア次第では様々な可能性を秘めていそう・・・

以上が実釣で感じた両餌の評価です。活き餌が苦手な人や、冷凍庫に餌をストックしたい人には特にオススメです。ゴールデンウィークには必須かもしれません。

P4262050 P4262045

当日のキスにはピンクが好評!イイダコは1針で2杯と取り合いにw

クラゲ対策には胴付仕掛け?
さてテストしながらの実釣りですが実は結構渋めの状況。水は茶色く、浮遊物も多め。しかもアカクラゲも多く、回収の度に赤い触腕が仕掛けに絡みついてきます。
キスは流しの度にぽつりぽつりとあがる程度。片天秤に絡みつくクラゲを外すだけでも一苦労。微妙に手がピリピリするだけに厄介です。
そんな状況を打破すべく仕掛けチェンジ。近年流行の胴付仕掛けをセットします。胴付仕掛けは錘が一番下にくる形状で針は海底から浮いて潮に漂います。特に船下を狙うには最適で、海底より浮いた餌を好むシロギスにはもってこいです。
ただし弱点として仕掛けが長く投げづらいことと、ハリスが長く手前マツリしやすいので扱いには注意しましょう。
仕掛けをチェンジしてからはそれまでの苦戦が嘘のようにキスが掛かってきます。天秤式に比べ投げづらさはありますが今回用意した2.1mのキス竿なら難なく扱えます。正直、胴付きキス仕掛けは調子がにている長尺の一つテンヤ竿が向いているのかもしれません。今まで天秤仕掛けばかりの人は是非使ってみてください。

P4262043 P4262051_2

胴突仕掛けを使いこなせば釣りが有利に♪ 船下狙いにもオススメです。

夕マヅメは食い好調
食い渋りを見せていたシロギスも日が傾くと共に食い気が上昇してきました。やはり夕方はどんな魚も食い気が良くなるのでしょう。ここである程度まとめて釣り、何とか形にはできました。
ちなみに実は後半マゴチも狙っていたのですが、こちらは見事にフラれてますorz

アナゴの前に防寒対策
5時半となるとキス釣り終了。いざ木更津へ向けて船は進みます。中ノ瀬から木更津までは約30分。この間にアナゴ釣りの準備をしておきます。専用竿やキス竿にアナゴ仕掛けの取り付けなので、さほど時間は掛からないでしょう。
それよりもしっかりしたいのは防寒対策。ハッキリ言って寒いです。初夏といえど舐めてはいけません。日が落ちた洋上で風に吹かれると体感温度は急低下。油断すれば風邪を引きます。
装備的には冬の昼間の釣りと同じような装備がオススメ。手袋もないと5月前半までは手が悴むこともあるでしょう。

日没と共にアナゴ開始!
釣り場の木更津へ移動したら船はポイントを定めて投錨します。アナゴ釣りは移動の少ない釣りでポイントへアナゴを寄せて釣ってゆきます。
仕掛けは吊り鐘錘25号にウナギ針が基本で、仕掛け上部にケミホタルを取り付け光でアナゴにアピール。餌は青
イソメを縫い刺しでダンゴ状に付けボリュームと臭いでアピールします。

正攻法は「小突き」でも・・・
P4262063 錨泊が完了し投入合図が出されました。いよいよ後半のアナゴ釣りスタートです。アナゴ釣りと言えば2本の竿をリズミカルに小突き続けるスタイルが有名です。ベテランはそれで凄まじいまでの釣果を上げ、たしかに正攻法といえるでしょう。
でも探るのは船下だけにする事はありません。当日の吉野屋船長のアナウンスは「ちょっと投げて広く探って」「置き竿は仕掛けが浮かない程度にキープ。錘が底叩くようじゃアタらないよ。」とのこと。
実際当日は2本竿で小突き続ける人より、1本手持ち・1本置き竿の人が多く、釣果もまずまずでした。

意外に苦戦!?アナゴのアワセ
P4262062 釣りが開始されてしばらくたつとアタリも活発に出始めました。すると船内各所から「あっ・・・」「えっ?」「しまった!」との声が上がります。
アナゴ釣りはアタリを拾ってからアワセるのも難しさの一つ。あの口でなかなか餌盗り上手なアナゴは「コツ・コツ」とアタリを伝えながらも意外に針が掛かりしません。
そこで船長よりアナゴのアワセのタイミングを解説頂くと「アナゴはアタリを捉えたら一旦送って、それから次のアタリでアワセる。慣れないうちはアタリから5秒ぐらいでアワセてください。」とのこと。この内容がアナウンスされてからは船内の無念の嘆きも減り、取り込まれるアナゴも増えてきました。

手早く外してトラブル回避
P4262057取り込まれるアナゴが増えればそれだけ仕掛けのトラブルも増えてきます。アナゴ釣りの仕掛けトラブルのほとんどアナゴの仕掛けへの絡み付きです。
釣り上げたアナゴは針よりブラブラと暴れていますが、しばらくすると器用に体をクネらせ針上へ体を伸ばしてハリスに絡み付きます。一度絡みつくと次は体を回転させて自らの体に仕掛けを巻き付けてゆき、最後は解けないほどにグチャグチャになって仕掛けをダメにしてしまいます。
これを回避するには手早くアナゴを外すのが一番です。そのときに用意したい品が二つあります。

P4262054_2・ワニグリッップ
第一精工より販売されているプラ型さかなハサミ。凹凸面がガッチリとアナゴをキープし一切の抵抗を封じ込めます。
金属タイプより魚体を痛めず、食材としての価値を追求される方にもオススメです。

・クイック針はずし
DAIWAより発売されている小物釣り用ワンタッチ針はずし。カワハギ釣りではお馴染みで口元に掛かった針を魚に触れずに素早く外します。
ワニグリップと併用すると効果的で素早く確実に魚を外します。

嬉しい船上サービス
アナゴ釣りでは釣ったアナゴを船長自ら捌いてくれます。まな板で目打ちし開きと中骨に。そのスピードは早く一匹10秒ほどで捌かれてゆきます。
このサービスのおかげでアナゴ釣りは小型クーラーでOK。きれいに捌かれた開きは天ぷらや白焼きに、骨は揚げて骨煎餅にすると美味しく頂けます。
また吉野屋のリレー船ではアナゴ釣り開始後、船上にて温かいウドンが配られます。日が落ちて冷え始めた体に染み込むウドンの味は格別!ありがたい限りです。

P4262066_2 P4262055

アナゴ船は帰ってから楽々♪ 小腹が減るリレー船ではウドンが格別です!

今期は有望。夏まで楽しめる♪
P4262059アタリが出続けた今回のアナゴ釣り。時間は2時間ほどと短いながらお土産には十分な量を釣ることができました。
今回はキス・アナゴ・イイダコ・メゴチと天ぷらの種は4目。キスはやや低調も今後回復すれば十分に期待できます。それより今年はアナゴが当たり年!好調だった一昨年よりも釣れており、初心者でもツ抜けは容易な状況です。気温も上昇してくればさらに快適に釣ることができるキス・アナゴリレー。今後は神奈川県からの出船も増え、ますます狙いやすくなります。昼から出船の気軽な江戸前の釣りに出かけてみてはいかがでしょう。

P4262067_2 P4262072

[釣行日]
2010年04月26日

P4262027_2 [船宿]
浦安 吉野屋
TEL/047-351-2544

[タックル]
ロッド:伝衛門丸UPグレードキス210
   :リーディングXA73 205Ⅱ
リール:イグジスト2508改
   :ミリオネアベイエリアSP100L
仕掛け:胴付キス仕掛け・錘15号・キス針
   :アナゴ仕掛け・錘25号・ウナギ針
エサ :アオイソメ・特船イソメ

|

2010年4月12日 (月)

目指せ!高級深場五目

 桜の花も散りはじめ、いよいよ本格的な釣りシーズンが到来です。
今回はアコウ・キンメ・ムツ・メダイの高級五目を夢見て小坪港の太郎丸へお邪魔しました。

P4081941

深場入門に最適な太郎丸
太郎丸は深場釣りと青物釣りを得意とする予約乗合船です。特に看板のアコウ五目船は高い人気を誇り、ハイシーズンには平日でも予約が取れないこともしばしば。ロッド・リールをはじめ、磁石板や錘などのレンタルタックルが完備されており、深場釣りの道具を持っていなくてもクーラーボックス1つで楽しむことができます。

P4081946_3 P4081936_2 

船幅が広くウネリがあっても安定感は抜群。初心者でもレンタルタックルが完備され安心です。

安心の予約乗り合い
P4081952_2集合は6時半。席も予約時に決められるので席取りに早出する必要もありません。
平日ながら片舷7名づつの釣り人が乗船。初挑戦の人には高橋船長がリールの操作法から餌の付け方まで港でレクチャーがありますので、分からないことがあったら聞いておきましょう。
定刻7時に小坪港を出船。釣り場は沖之瀬なら1時間、城ヶ島沖なら45分ほどで到着となります。今回は漁船より「沖之瀬の上潮が早くて釣りにならない」との情報が入電し手前の城ヶ島東側で釣り開始となりました。

アコウ五目船のタックル
太郎丸のアコウ五目船は高級深場五目釣りです。最初にキンメを数投流し、状況に応じてアカ・クロムツを狙い、最後にアコウダイを狙います。流す水深は300~500mが多く、時にアブラボウズやバラムツといった深海巨魚も掛かることがあります。

・ロッド
使用する錘は250号が標準で、乗せたときにやや胴に入る2m前後のロッドがおすすめ。
アコウだけなら先調子のロッドで底叩きを優先しますが、キンメ・ムツといった口周りの弱い魚も同じタックルで狙うことになります。
このとき口切れを防ぎつつ追い食いを促すにはバラしにくい柔軟性が必要となるのです。

・リール
PEラインを8号800m負ける電動リールが標準。これより細い糸でも釣り自体は可能ですが、スミヤキ(クロシビカマス)・タチモドキ・深海サメなどの縄切魚がいると消耗が激しくなります。
そして重視したいのはドラグ性能。キンメ・ムツを狙うときに重要で、大きいウネリが通過する時や大型が抵抗したとき、滑って巻き上げが止まるぐらいの設定ができるものがよいでしょう。設定幅が狭く調整の効かないものや、一定のテンションで滑らないようではダメです。

・仕掛け
太郎丸の標準仕掛けはムツ針17~18号で8~10本。幹糸18号170cm、ハリス8号80cmです。錘は250号を使用します。
これに近い仕掛けを用意できればOKで、無くても船に用意されています。
こだわるのならばキンメ・ムツとアコウを分けて準備すると良いでしょう。キンメ・ムツは細地の針に細ハリス、アコウは太地の針にタコベイトが効果的です。

・餌
船に用意されている餌はサバの切り身。薄くカットされてケースに入れられているので使い易さは抜群です。
皮から刺してチョン掛けにすると、水中でヒラヒラと動きアピールします。
お好みでイカ切り身・サンマ・アナゴ・鮭皮を用意しても良いでしょう。

P4081948_2 P4081938_2 

探見丸の特殊親機搭載し太郎丸は水深500m超も対応。魚種に応じた仕掛けが好釣果に繋がります。

ミスのない確実な投入を
釣り場の城ヶ島沖は前日のウネリが残って白波立った状況。上潮が早いのも厄介ですが、私個人はウネリが身体的に大問題です。
ゆっくりと航行しながら反応を探す太郎丸。探見丸に映し出される水深は200~350mの間をどんどん変化してゆきます。このような起伏が激しい箇所に深場の魚は多く生息しています。
やがて投入合図が出されました。太郎丸の投入スタイルは船首側からの順当入。船長から出される合図に従って投入します。投入方法は治具でもマグネットでもどちらもOK。慣れた方法でミスの無いように投入することが大事です。
深場の投入は糸絡みを防ぐため途中投入ができません。1投の平均時間は30分。もしミスをすると一回休みとなり次の投入まで何もする事ができなくなります。
初心者の人は確実に投入できるよう針数を少なくしたマグネット投入で行いましょう。仕掛けを踏むことの無いよう立ち位置は仕掛け最後尾。合図と共に錘を投げ、仕掛けの降下に合わせてリールに向かい、全て海中に入ってからリールのクラッチを切ればトラブルが少なくすみます。

P4081934_2 P4081935_2 

得意な投入方法でOK。ミス無く1流しを確実にものにし釣果に繋げましょう。

タナ取り
仕掛けが海底を目指すこと数分。表層のサバや、下層のシマガツオの邪魔がなければ無事に海底に到達するでしょう。
船長の指示タナは錘が底から2m。このタナはキンメ・アコウの双方を狙うに最適で、数分に一度の底取りでタナボケを防ぐことができます。

・さらなる1匹を目指す
さてここからは+αを目指す話し。自己責任の範疇で実践してみると面白いでしょう。
キンメダイは底からやや離れて群を形成することが多く、相模湾のキンメ専門船では底から3~5mの指示が一般的です。群の規模が大きければ探見丸で浮いてる群を確認することができるでしょう。ムツも同様の棚にいることが多くあります。
そしてキンメとムツは小魚や甲殻類を常食するフィッシュイーター。動くものへ好反応を示します。ですので「誘い」がきわめて有効。
仕掛けはウネリがあればある程度動きますが、ベタ凪ではそれは望めません。そのときはロッドをシャクったり、リールを電動巻き上げを使ってアピールしましょう。特に仕掛けを上げてからの「落とし込み」がキーポイントです。

参考:【攻略】 狙え!クロムツ ライトタックルで中深場

数回に渡り反応を探しながら流すも船内に取り込まれたキンメはわずか。外道のトウジンやギンメダイのほうが多いぐらいです。上潮が速いため仕掛けの落下点がズレやすく、魚の活性もいまいちで反応の割に食ってきません。
やがてキンメのポイントに見切りをつけてアカムツの出るポイントへと移動しました。

ムツ場で意外にも本命
P4081937 アカムツが出るということで着底してからは積極的な誘いを敢行。波崎や遠州灘のアカムツ船が示すとおり、誘いが大変重要。止まっている餌より誘ったほうが遙かに食います。
自身も実体験があるのでドンドン誘っていると「クン、クン」と鋭く穂先が入るアタリが到来。しかしアカムツにしては引きが鋭く不思議な感じです。水深は300m半ば。何が掛かったのでしょう?
とりあえずムツ類を想定し、タナを変えずに続くアタリを待つことにしました。断続的に引いていますが妙に鋭く不思議な感じです。
やがて巻き上げ指示が出されて巻き上げてくると水面に浮上したのは小型のアコウ。この流しでアタった人のほとんどがアコウ。普段よりも浅い水深で掛かり意表を突かれた感じです
しかしアコウのポイントとなれば俄然気合いが入ります。

いよいよアコウの流し
P4081940船に取り込まれてゆくアコウをみて高橋船長も完全にアコウ狙いへ移行。仕掛けにタコベイトをつけるようアナウンスが入ります。
今度は完全にアコウ狙いの流しとなり、小移動して水深400mの掛け上がりへ。私もアコウに完全対応すべく仕掛けを変更し集魚灯と中錘も装着しました。
変わらずアカムツが混じる確率が高い場所ですが、アコウがいるなら狙いは当然アコウです。アコウを専門に狙うならタナ取りは「底叩き」。ウネリでトントンと底を叩く状態を保ちます。
そして今回のアコウ仕掛けは+αの工夫を凝らしてみました。

P4081944・タコベイトinフロート
私は普段アコウ仕掛けには夜行針+ラバーネクタイを良く使います。スミヤキは少ないのですがアピール力でタコベイトに一歩譲るという事実もありました。
ただ潮止まりの際に垂れた状態になるタコベイトには多少抵抗感があり、色々思案した結果たどり着いたのがフロートとの組み合わせです。
フロートは小物釣りで使われる流線シモリ。これをタコベイトの中に仕込むことにより浮力が付き、わずかな潮にも乗りやすくなりました。

アタリ到来!しかし・・・
P4081947 船は徐々に掛け上がりを移動し、水深はゆっくりと変化してゆきます。底叩き状態を保つには頻繁な底取りが不可欠。フケる糸をしっかりと回収しなければオマツリや根掛かりの原因となります。
しばらく流していると待ちに待ったアタリを捉えました。引き的にそれほど大きくありませんがアコウのようです。アコウはアタリを捉えてからが見せ場です。まずは錘を着底させ、アタリの出方によって送り込みを選択します。アタリが小さければ一気にラインを送り、大きければラインを船の移動分だけ出します。
これはアコウが下で食ったか上で食ったかの違いによるものです。下ならば糸を送って仕掛けを底付近に這わせ、上ならば仕掛けを立てて高いタナをキープします。これは日や活性によって変わるので見極めには多少の慣れが必要です。
P4081942今回のアタリは下に食った模様。糸を一気に5m送り、暫くして再び5mと繰り返し20mほど糸を送り込みました。その途中でのアタリは2回。1つはアコウ、もう1つはソコダラやアナゴの類でしょう。
そして暫くして巻き上げ指示が出されてから巻き始めた時でした・・・。送った糸を巻くごとに伝わってくる重量感。確実に2本は食ったと思った拍子に穂先に掛かっていたテンションが3割ほど抜けてしまいました・・・。まさかのバラしorz アコウは一度掛かれば簡単にはバレないものなのですが・・・。
巻き上げてくると最下部の針にはアコウ。そしてその2段上にはオレンジ色の肉片が・・・。完全にアコウだったようです。感触的に2kg弱は合ったと思われ非常に残念な限り。ともにタコベイトinフロートの針に食ってました。

参考:【攻略】シーズン突入!平塚沖アコウダイ

潮緩まれば期待大
P4081949 最後2投は潮が止まってしまい、私に魚信は訪れず。周りではトウジンと深海アナゴが上がり終了となりました。本命アコウは小さいながら2本。一応同数竿頭です♪
今回は魚種が少な目でしたが普段はキンメ・ムツ・メダイが混じりもっと賑やかな釣果になることが多い太郎丸。現在、メインフィールドの沖之瀬は上潮が速く釣り辛い状況が続いてますが、やがて上潮が落ち着けば多彩魚種が魅力の深場五目を存分に楽しませてくれるでしょう。
そして最盛期に突入したアコウ。これからの深場釣りの釣果に目が離せません。

P4081950_2 【船宿】
小坪 太郎丸
TEL/0467ー22ー7662

釣行日/10年04月08日

[タックル]
DM CXー4ライトディープ
CXー4HP DM
FishingCUBE 20Ah
ブラックダイニーマ 8号800m
深海リン9号・LED集魚灯
胴付10本針・錘250号

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »