« 年始は最大の売り出し | トップページ | いよいよ始動!深場マルイカ »

2010年2月 1日 (月)

遠くの沖磯より近くの離島

 東京より最も近い伊豆七島、大島。黒潮が寄せるこの島は四季を通じて様々な魚を狙うことができます。

P1191607

磯の人気ターゲットメジナ
P1181596 磯の上物釣り人気ターゲット、メジナ。釣り人には「グレ」の別名が有名かと思います。
メジナにはメジナ・クロメジナ・オキナメジナの3種類がおり、磯釣りのターゲットになるのはメジナ(クチブト)・クロメジナ(オナガ)です。
タイのような体高のある魚体で突進力に優れ、鋭い引き込みで多くの磯釣り師を魅了しています。
小型は群ますが大型になるにつれて単独で動くことが多く、老獪な大型は餌盗りの層の下で落下してくるコマセを拾い食いしています。
伊豆大島では40cmオーバーも多く、条件が揃うと数釣りを楽しむことができます。

溶岩質の荒磯
P1181582入磯するのは大島の北西に位置する野田浜。この釣り場は水深が足元から20mほど先までは水深が4~6m。その先から緩やかに下ってゆきます。潮流は北から南に流れていることが多く、釣り座右側の突き出しより沖への払い出しあり。餌盗りは少な目で、やや荒れ気味のときに爆発力があります。
今回は天候・海況共に良好でいわえる「凪」。メジナが姿を隠すサラシも少なく、岸際の潮の流れも単調。正直苦しい状況です。

コマセは釣果の分かれ目
P1181579ウキ釣りで狙うメジナはコマセ(撒き餌)を打ってメジナを誘い出し、付け餌を食わせる釣りです。コマセhaオキアミやアミエビ、そしてサブに配合餌で成り立ちます。
メーカーの宣伝によって勘違いしがちですが、あくまでもオキアミがメインです。配合餌はオキアミやアミエビを「メジナに届ける」目的の為に、遠投性・沈下速度・拡散性・集魚力の調整するもの。そして併せて視認性増強により釣り人へ潮流動向を把握し易くします。

コマセワークで餌盗りを分断
釣果を分ける要素は多数ありますが、中でも重要なのがコマセワーク。コマセはメジナを誘い出す為に無くてはならないものですが、同時に多くの餌盗りを寄せてしまいます。
餌盗りが多ければ付け餌が目的の大型メジナに届く前に盗られてしまい上手く釣ることができなくなります。
数kg用意するコマセですが、メジナに届く量は僅かで構いません。そのほとんどはメジナから餌盗りを分断させ足止めに使うものです。
最も基本となるコマセの撒き方は足下を中心に撒く方法。足下に餌盗りを寄せ留め、臭いが漂うサラシの払い出しに仕掛けを投入。そして少量のコマセを沖へ打ち、付け餌にかぶせます。割合は足下・沖で9:1です。

ヨレに潜む大型を狙え
P1191615 手前にコマセを撒いて状況を確認するも魚からの反応は今ひとつ。ゆっくり沈降するコマセに餌盗りが僅かに見える程度です。
仕掛けは全遊動タイプを選択。餌盗りも少ないようなので先ずは様子見に手前から沖へ払い出す流れに乗せてみます。先に手前へコマセを撒き、コマセの払い出す先へ仕掛けを投入。そして仕掛けにコマセをかぶせて流すも僅かに餌がかじられる程度。オキアミ損傷から小型のベラ系が突いているのでしょう。
数投しならが攻め手を考えていると、沖の潮目がだんだん寄ってきました。距離にして60m。何とか流せる範囲です。
寄ってきた潮目を狙うべくスタイルは遠投重視に切り替え。沖目に仕掛けを投入しラインメンディングしながら流してゆきます。海表面は穏やかに見えても流れ方は微妙に異なります。沖へと向う流れを探し、遠方の仕掛けとコマセが同調する用に調整してゆきます。
この沖の潮目を狙う作戦は良かったようで、1投目からチャリコそして小メジナと磯際に無かった生命反応が得られます。そして数投目にはラインが走る鋭いアタリ!時折突っ込みをみせ、根をかわして浮かせると41cmのまずまずのクチブトメジナ。狙い通りの1枚です。

遠くて近い伊豆諸島
P1191633 この後は沖に餌盗りが沸いてしまい、良型の追加はなりませんでした。これから水温が下がり、餌盗りがさらに減ればさらに楽しめそうです。
離島というと遠いイメージがありますが、最近は高速船も就航し東京竹芝桟橋より僅か1時間45分。羽田や調布からの飛行機なら1時間掛けずに行くことができます。
日帰り釣行も可能で、赤岩を例に見ますと下の通り。
《前日22時大型船東京竹芝桟橋出港→翌日6時大島岡田港着→7時入磯→15時納竿→16時30分高速船大島出港→18時50分東京竹芝桟橋着》
P1191624 料金は大型船で2等4000円前後、高速船で7000円前後。島内バスで赤岩なら往復1600円ほどです。(燃料調整代金・出帆港により前後します)島内は地磯となるので渡船は無し。通常はバスで釣り場近くに降りて入磯です。
単独釣行のならば南伊豆沖磯の釣行と比較頂くと悪い内容ではないと思います。しかも運転は無し。大型船なら道具の手入れや睡眠で時間を有効に使えます。
遠いイメージは行けばなくなります。本格的な磯釣りが楽しめる伊豆大島にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

【釣行データ】
P1191616 01/19 伊豆大島野田浜 メジナ狙い ウキフカセ
[タックル]
ロッド:メガドライM2 1.2-53
リール:BB-XテクニウムMg3000DHG
ライン:リアルサスペンド磯3号150m
ウキ:MDS00号
ハリス:シーガーGM2号2ヒロ
フック:あわせちゃダメジナ9号
コマセ:オキアミ6kg+イワシパワーグレ遠投

|

« 年始は最大の売り出し | トップページ | いよいよ始動!深場マルイカ »

釣行記」カテゴリの記事