« 目指せ大判!西伊豆ボートヒラメ | トップページ | 最近の釣りレポート »

2009年11月19日 (木)

良いトコ取り!まとめて狙うカワハギ&イカ類

 秋の深まりと共に肝が肥えゆくカワハギ。そして代表料理「肝合え」。
冬に備えてエサを貪るカワハギはその栄養を肝に溜め込みます。白くでっぷりとした肝を溶かした醤油に刺身を付けて食べる。シンプルながらも食通をも唸らせる一品です。
さらにその肝醤油に今年生まれの柔らかいイカの刺身を合わせても絶品!美味しい魚とイカが両方手に出来れば言うこと無しです。今回はこれらの同時に狙える釣法について考えてみます。

Pb151401a

美味しいカワハギと美味しいイカが両方釣れれば大満足!過去の試験釣行はコチラ

カワハギ釣り場ではイカも釣れる
P2040267カワハギ船ではアオリイカを狙ってエギをシャクる人見かけることがあります。カワハギの生息域はイカ類と重なっており、岩礁・藻場ではアオリイカやマルイカ、砂地が多い場所ではスミイカが見られます。
カワハギは好奇心旺盛な魚でエギを怖がるどころか興味を持って寄って来ることが多く、イカもカワハギ仕掛を極端に嫌うこともないので二つの釣りは両立できるのです。

両方をまとめて狙うには?
Pb151386同じ釣り場に美味しい釣り物が二つ。しかし普通に狙ってはどちらか一つしか狙うことが出来ません。何か良い手は無いものか・・・?
まずは皆一度は考えるスナップでスッテやエギをつける方法。たしかにこれでも釣れました。しかし釣れる確立は決して高くなく、運良く混ざる程度でした。
ここで色々考察した結果、イカ類の特にアオリイカにはフォールがキーポイントになると結論に至り、仕掛けの改良に着手。道糸に1ヒロの先糸結び、ビーズ+スナップ+ビーズの順に入れ、その区間をエギが遊動する仕掛けに改良しました。するとアオリイカやスミイカの乗りが格段に良くなり、より効果的に狙うことが出来るようになりました。

まとめて狙う際のアクション
先で作成した仕掛けで両者を効率よく狙うにはどのようなアクションが有効か?数回のテストでは時折誘い上げを入れるだけで良いようです。
集器の部分がエギとなり先糸区間を遊動しているので、時折誘い上げてエギを先糸接続部付近まで上げます。その後、仕掛けを落とすと先に沈降した仕掛けに先糸を伝ってゆっくりとエギがフォールしてゆきます。この部分で乗ることが多く、特にアオリイカには有効です。
またタタキ釣りの時にはエギが仕掛けと共にシェイクします。このアクションはスミイカやマルイカに対して有効で、暴れるエギを見てカワハギの寄りも良好です。

両狙い仕掛けの弱点
利点の多い仕掛けながら当然弱点も存在します。それはカワハギ釣りにおけるタルマセ釣りが出来ないということ。糸を緩めれば弛みますがエギの沈降速度は鉛に比べて格段に遅く、常に張らず緩めずの状態になってしまいます。メリハリの利いた弛ませはできません。
またもう一つの弱点はエギが潮流を受けるので3号以上のサイズは適さないこと。特に潮が早いと2号エギで30号の錘でも流されることがあります。大潮などの潮流が早い時には向いていません。

いざ出船も・・・
Pb151388カワハギ&イカ両狙いで久々の日曜日釣行。やってきた片瀬港には多くの釣り人で賑わっています。今回お世話になった萬司郎丸もカワハギやイナダを狙い多くの釣り人が訪れています。
待合所でひと時の談笑を楽しんだ後、船に乗り込み出船となりました。釣り場の江ノ島沖までは僅か10分足らずの近場で、最近型も数もまとまってきたようで期待が持てます。

しかし・・・・・

Pb151405 当日は富士山もくっきり見える快晴。遠方の景色まで良く見えます。
感の良い方はお気づきと思いますが、気圧が下がると空気の密度が下がるので景色が良く見えます。
そう、残念ながら出船後より強風に見舞われ、無念の1時間早揚がりorz
なんとかカワハギの顔は拝めましたがイカ類に出会うことは出来ませんでした。
たまにはこんな日もあります。気を取り直してまた訪れるとしましょう。

Pb160118 片瀬 萬司郎丸
℡ 0466-23-8309

【使用タックル】
〔ロッド〕極鋭ゲームセンサー165
〔リール〕メタニウムMg7左
〔ライン〕PE1.5号100m
〔仕掛け〕胴付3本針(ワイドフック4.5号・ハリス3.5号・幹糸4号)+錘30号+エギ王Qイトヨリ2号

|

« 目指せ大判!西伊豆ボートヒラメ | トップページ | 最近の釣りレポート »

釣り雑記」カテゴリの記事