« まもなく去り行く回遊魚 | トップページ | 秋の味覚 »

2008年10月31日 (金)

ホエールウォッチング

前回「キハダがどうの・・・」という記事を書きましたが、いやはや参りました(;´▽`A``

今回お邪魔したのは「葉山たいぞう丸」。今シーズン何本も30kgオーバーのキハダを獲っている知る人ぞ知る船宿です。当日はマグロハンター多数が集まり平日ながら20人近い人数で出船。

しかし気合が入りすぎている日ほど空振るものでマグロの群れは中々見つからず・・・。偶に見つかっても口を使わず・・・。まれにヒラソウダが上がるくらい。鳥も巻いてますし推定50kgのキハダマグロも跳ねてはいるのですが・・・

そんな中、風が強まってきて最後の流し宣言。鳥も今日一番の巻きでイワシの反応もバリバリな状況。期待に胸膨らませ仕掛けを投入すると船が突然汽笛を鳴らし始めました。一同「何事!?」と操舵室に振り返ると舳先のルアーマンが「クジラ!!」と叫びます。「クジラ!?」と耳を疑う船長。そして直後

『ぶしゃぁぁぁぁぁぁっ』

Pa290077

辺りに生臭い臭いが立ち込めました・・・ クジラ登場

私もシイラ船などでサメやクジラ、カメなど出会う事は多々ありますがここまで近く接近し邪魔されたのは初めてです。

どんどん喰われてゆくイワシたち海面下には無数の鱗がキラキラと舞っています。

釣り人達の反応は多種多様で「歓喜の声を上げる者」や「舌打ちする者」。考えれば日常において生のクジラを見る機会は多くはないでしょう。いったい何クジラなのやら・・・

もっとも「クジラ着き」という言葉があるように見事に良型カツオを仕留めた方もおりましたが大半の方はボウズ。大物狙いなのでリスクは承知の上ですが

クジラは想定外でしたm(_ _)m

マグロも中々見つからず釣り時間40分程でしたが、まだまだ諦めません。

今度は11月11日。まだ群れが残っているのなら挑むとしましょう☆

|

« まもなく去り行く回遊魚 | トップページ | 秋の味覚 »

釣り雑記」カテゴリの記事